スタッフBLOG

社会福祉法人フィロス中部エリア平成29年度採用情報

保育士さん募集

もりの風こども園/Nursery School

Address

〒463-0004
名古屋市守山区大字吉根字
太鼓ケ根3231番29

アクセス/Access

特徴3 楽しく学ぶ

もりの風保育園の特徴 楽しく学ぶ

言葉は心をつくる。思考をつくる。
大人が押し付けなければ、子どもは勝手に学ぶ。
子どもの興味・関心は大きなエンジン。
どんどん学ぶ。自分で読めるようになる。
絵と文字で自分を表現する。
卒園時までに自ら読む絵本は目標300冊。

当園では、保育士と児童、並びに児童間の対話(コミュニーション)を積極的に行うとともに、たくさんの絵本の読み聞かせを行います。
いずれ、自分で読め、絵と文字を使って自己表現ができるようになります。言葉は心と思考を育てます。
また、年少さん(3歳児)より文字(ひらがな・カタカナ)にも触れていきます。決して押しつけたりはしません。そもそも子どもたちには文字に対する興味・関心があります。これが大きなエンジンとなって、カルタあそび、文字書き、ゲームをなど通して、子どもたちは勝手にどんどん学びます。

いずれ、自分で読め、絵と文字を使って自己表現ができるようになります。卒園時までに子ども自らの力で500冊くらいの絵本が読めるようになることを目標とします。言葉(日本語)は心(情緒)と思考を育てます。母国語によるコミュニケーション能力、自己表現能力は生きる力の一助となります。

子どもの耳はすごくいい。英語もしみこむように入る。
It’s big and gray. It has a trunk and big ears.
What is it?
“Elephant!”
ちっちゃいけど、英語が得意。外国人ともお友達。

当園では、年少さん(3歳児)から週に2回・年間60回、外国人講師による本格的 な英語レッスンを行います。乳児さん(0歳~2歳児)も週に1回10分程度、外国 人講師といっしょに楽しく英語遊びを行います。
英語学習も子どもたちにとっては、遊びの延長のようなものです。幼児期の子どもたちの耳はとても柔軟で、英語もしみこむように入っていきます。

歌や遊びも取り入れた楽しい内容ですが、保護者の皆さんがびっくりするほどの英語力が身につくと思います。
年少~年長の3年間で、およそ1000単語を身につけ、
それらを組み合わせた約3000の質問に答えることが
できるようになることを目標にしています。
外国人とも 違和感なく接することができるように
なります。
ちょっとした異文化にも触れます。
当園の英語学習が きっかけとなり、また本人の
努力もあって、将来多くの 卒園児が英語を使える
ようになってくれればと思います。
グローバル社会において「英語のコミュニケーション
能力」は生きる力の一助となります。

数っておもしろい。世の中にはいっぱい数がある。
数のカラクリがわかると楽しくなる。

当園では、年少さん(3歳児)より「数」のカラクリに
触れています。

子どもたちは「数」にも興味を持っています。
日常生活に「数」はいっぱい存在します。
単純に算数を教えるのではなく、遊びや日常生活の事像の中で、実感を伴う「数指導」を行っていきます。
勿論これは小学生になっときに生きてきます。

森の中は発見がいっぱい。虫さんも鳥さんもお花も木も大好き。
「なぜ?」「どうして?」は子どもたちの好奇心の原点

当園では、園舎の環境や課外体験活動を通して、子どもたちが
身の回りの自然や環境に関心を寄せ、不思議さや感動を味わう
環境づくりに取り組み、子どもたちの好奇心を育てます。
子どものころの好奇心は「知を獲得する原動力」です。 子どもが発する「なぜ?どうして?」は
まさに好奇心の表れです。私たちは子どもが発する「なぜ?どうして?」に対し、言葉で説明してしまうのではなく、子どもといっしょに考える環境をつくり、子ども自身が満足できるまで付き合うことが大切だと考えます。

虫メガネで観察する、みんなで討論する、ときには図鑑やインターネットで調べる、方法はいろいろありますが、
その過程こそが重要です。大人から短絡的に言葉で答えを聞いても子どもの好奇心は満たされません。
答えが出なくてもいいのです。本人が満足できるまで考える空間さえあればいいのです。

こうした空間を体験した子どもは、探究心、感性、自分で考える力を自然に身につけていきます。
自分で課題を見つけ、自分で解決する方法を探り、自分で解決する力は、まさに現代、実社会で必要とされている資質です。

乳幼児クラスでは、わらべ歌やリズム遊び、歌唱指導などを行います。
年少さん(3歳児)以上のクラスでは、歌や楽器の指導を行っていきます。
各種打楽器、ピアニカ、ハーモニカなどの楽器に親しみ、合唱にも取り
組みます。また当園の室内には心地よい音量で常にクラシック音楽が
流れています。
私たちは、発表会のために音楽活動を行うのではなく、子どもたち自身
の興味、関心を引き出しながら、子どもたち自身が音楽を楽しむことが
できるような環境づくりをしていきたいと思っています。

朝の会での体操、ランニング、施設内でのさまざまな遊びを通して、
日ごろから十分に身体を動かす機会をつくりますが、年少さん(3歳児)
以上のクラスでは、6月から外部の専門講師(スポーツクラブ・トライル)
を招き、定期的に体操、鉄棒、マット運動等を行います。
また、定期的にロングウッドのスイミングプールで水泳指導を行います。

思いっきり遊ぶ 詳しくはコチラ 土台をつくる 詳しくはコチラ 楽しく学ぶ 詳しくはコチラ

ページの先頭へ戻る