スタッフBLOG

社会福祉法人フィロス中部エリア平成29年度採用情報

保育士さん募集

もりの風こども園/Nursery School

Address

〒463-0004
名古屋市守山区大字吉根字
太鼓ケ根3231番29

アクセス/Access

特徴1 思いっきり遊ぶ

もりの風保育園の特徴 思いっきり遊ぶ

もりの風こども園は名古屋では珍しい森の中。
園舎&環境そのものが巨大な遊具。
子どもたちは遊びのクリエーター。

さわやかな森の風が吹き抜け、小鳥がさえずる。
砂遊びも竹馬も楽しい中庭園庭。
屋上園庭はみんなのお気に入り。
眺めも抜群、一周約120m、思いっきり走り回る。
サッカーのドリブルだってうまくなっちゃう。
屋上園庭からそのまま森の広場へ。
アスレチックに夢中な子。
そり滑りに熱中する子。
虫探しの好きな子。
どんぐりを集める子。
小枝や葉っぱでアートする子。
ウォール・クライミングに挑戦する子。

みんな笑顔がいっぱい。

子どもたちには
自然の中で思いっきり身体を動かして
遊んでほしい。
走り回ってほしい。
笑ってほしい。

これが私たちの願いです。

幼児期において、身体を使って思いっきり遊ぶことは、とても重要です。
心身の健全な成長を促すのはもちろんのこと、遊びを通して友だちとのつながりの中で人間関係の築き方やルールを学び、他人への思いやりを身につけます。屋外で思いっきり遊ぶ中で、すり傷を負うこともあるでしょう。でも、それは子どたちにとって大きな勲章です。
小さなケガを通して、子どもたちはリスク回避能力を身につけていきます。
幼少期に小さなケガを負う経験をした子どもは、大きなケガを負うリスクが大幅に軽減すると言われています。
親や周りの大人が「危ない」といって、子どもをリスクから遠ざけてばかりいると、たくましさが育たないばかりか、将来大きなケガに見舞われる可能性が高まります。当園には、屋外の遊びスペースが大きく分けて3か所あります。

ドーナッツ状の園舎の中央に位置しています。乳幼児から3歳児が、安全に遊ぶことのできる園庭です。
砂場遊び、複合遊具遊び、ボール遊び、乗り物遊び、各種伝承遊びなどをします。 夏場の強い日差しや冬場の寒風も遮られ、快適に思いっきり遊ぶことができます。

ドーナッツ状の園舎の屋上に位置しています。1週約120mの屋上は、南~北西方面が森の木々に囲まれ、東~北方面は、一気に視界が広がります。志段味、春日井エリアはもちろん、晴れていれば、遠くは岐阜や長野の山々も見える、爽快なスペースです。
子どもたちは、この屋上園庭(ドーナッツの屋根)を思う存分走り回ります。
卒園までに何週走ったかを記録したいものです。楽しみながらも相当な距離を走ることになると思います。
幼児期にたくさん走った子どもは、身体全体の筋力が鍛えられるだけでなく、腰骨が立ち、内臓がきちんと収まることによって身体の内部から丈夫になります。屋上園庭を使って、こども園内でもさまざまな運動に取り組みます。
コーンを並べてリレーをしたり、サッカーのドリブル遊びをしたり、秋~春の時期にはマラソンも行います。
屋上園庭からは、滑り台で中庭園庭に下りたり、南方面の森の広場に渡ることもできます。

当園は名古屋市内では珍しく、森の中にあります。園舎の南側には、自然の森を活かした遊び場、「森の広場」があります。開園後もスタッフを始め、保護者や地域の皆さまにもご協力いただきながら、地道に整備を進めていきたいと思っています。
子どもたちは、ツリーハウス、ミニアスレチック、ロープ遊び、ブランコ、そり滑りなどで遊びます。
森の中は、さわやかな風が吹き抜け、小鳥がさえずり、四季の変化があり、いっぱい発見があります。
どんぐりや木の枝や葉っぱを使ってアートをしたり、カブトムシやクワガタやセミの観察をしたり、子どもたちは自由な発想で遊びます。子どもは遊びのクリエーターです。

思いっきり遊ぶ 詳しくはコチラ 土台をつくる 詳しくはコチラ 楽しく学ぶ 詳しくはコチラ